From Distance

妊娠生活から出産・育児の記録。
2007年6月生まれの我が家の娘「きのこ」とともに成長していきます。
出産レポ
0
    2007年6月28日木曜日、午前1時22分。
    体重2984g、身長49cmの元気なお姫がsinちゃんとbunnyママの立ち会いのもと、無事にこの世界との対面を果たしました。
    思い出すとかなり前から前駆陣痛があって、ずっと張りと痛みに悩まされた予定日前でした。
    出産前日の朝、どうしても張りと痛みが気になって病院へ。
    それがコチラの記事。
    子宮口はまだ指1本半ぐらいしか開いてないと言う事で入院にはなりませんでした。
    でも家に帰ってからも規則的な張りと痛みが続いていましたが、「どうせ開いてないんだから・・」って思って夕方ぐらいまで時間も計らずに過ごしました。
    そして夕方sinちゃんパパ&ママが家に会いに来てくれた時も、「張りはあるんだけどね、もしかしたら7月生まれになるんじゃない?」なんて談笑。
    それから夕食とお風呂を済ませた辺りから、確実に張りと痛みの間隔も短くって来て、強さも増して来ました。
    さすがに時計を握り締めてメモ。
    夜の11時過ぎ、ついに我慢出来なくなって涙がポロポロこぼれました。
    そしてsinちゃんに「また帰されるかもしれないけど病院に連れて行って!」ってお願いして、病院に電話して入院準備をして向かいました。
    病院についてまず看護婦さんの内診。
    なんと、張りも痛みも強くなってるのに・・・朝と変わらない子宮口の開き具合。
    もうこの時はショックで何も言葉が出ませんでした。
    いつまでこの状態が続くのか、ホントに迷路に迷い込んでしまった気分。
    それを察知したのか、看護婦さんが「とりあえずあと1時間様子を見ましょう」って言ってくれて、sinちゃんと2人きり、沈黙のまま分娩室で過ごしました。
    ただその間も張りと痛みは強くなって、ようやく1時間後の内診で3cmほど開いて来て入院が決定。
    そこから精神的にも安心したのか、かなりのスピードで子宮口が開いて行きました。
    陣痛中張りと痛みは1分間隔になり、ベッドで横になってるよりも歩いていた方が気が紛れたので、とにかくLDRの中をウロウロ。
    痛みが来ると棚などにつかまって必死で呼吸法をしてました。
    そのあたりでsinちゃんの連絡でbunnyママが到着。
    痛がってるbunnyを見て第一声が「これは本物だわ」って(苦笑)
    (写真は陣痛の波がやって来て、bunnyママに腰をさすってもらってるトコロ。sinちゃん撮影です)

    そしてそこからは休みのない痛みが次々と押し寄せて来ました。
    どんどん呼吸法も乱れて来るし、体が勝手にいきみだすし、出血も多くなって。
    それを見た看護婦さんが、「痛みが来てる時に内診させてね〜」って言いながら指を入れて確認すると、なんといきなり5〜6cm開いてました。
    そこからは息を吐くことが難しい状態で「あ”〜〜〜〜〜っっっっ!!!」って大絶叫。
    「もうダメ〜」ってなった時にお腹の中で「ポン」って音が!
    その瞬間にドバババババ〜って破水しました。
    「はっ破水したっっ!出てるっ!何かいっぱい出てくるっっっ!!」って大声で叫んで、看護婦さんがベッドまで誘導してくれました。
    でもその時点で下の方で何かが挟まってるような感覚があって、なかなかベッドに横になれませんでした。
    内診してもらった直後、ベッドが分娩台に早変わり。
    足にカバーをかけられて、お腹に赤ちゃんの心拍を確認するための機械をつけられて、剃毛されて。
    ちょっとだけ心拍が下がってしまってたので、酸素マスクをつけて吸引分娩の準備をされました。
    ただこの時思ったのは、「え?もういきんでいいの?」「もう生まれちゃうの?」「・・・浣腸されてないんだけど大丈夫かな・・・」って(笑)
    先生と看護婦さんの掛け声とともにいきみ開始。
    吸引してもらったって事もあると思うけど、なんと分娩台に上がって3回いきんで出産しました。
    姿はbunnyからは見えなかったけど、ちゃんと元気な泣き声に思わず「あぁ〜良かった〜生まれた〜」って言葉が出てました。
    でもホント、出てくる瞬間は「チュルン」って感じで気持ち良かった〜(笑)
    隣にはsinちゃんがbunnyの頭をワシワシしながら「お疲れさん」って。
    何とも言えない幸せな瞬間。
    出産直後まだへその緒がついた状態で抱っこさせてもらいました。
    体温がちゃんと感じられて、小さいけれど指にはちゃんと爪もあって、一生懸命生きようとしてるお姫にただただ感動するばかり。
    へその緒はsinちゃんに切ってもらいました。
    (写真は生まれてスグのへその緒がついた状態。もちろんこれもsinちゃん撮影♪)

    入院してからものすごいスピードで進んだbunnyの出産。
    分娩所要時間はなんと2時間13分!
    ただ、実質3日間ぐらいは強めの前駆陣痛で体力的にもほとんど限界で迎えた出産当日でした。
    陣痛の途中でsinちゃんママと電話して、「入院になりました・・・ぐぉっっ来た〜痛い〜!!!」ってカンジだったので、そこから急いで病院に向かってもらったんだけど・・・5分ぐらいの差でsinちゃんパパ&ママは立ち会いに間に合いませんでした。
    出産直後の処置で、胎盤をどうしてもこの目で見たかったbunnyは、看護婦さんにお願いして見せてもらいました。
    まるで内臓のような大きなブヨブヨの物体。
    でもこの胎盤のおかげでお姫が大きくなって生まれて来てくれた。
    許可を得て胎盤も触らせてもらいました。
    温かくて、まだそこに命があるようなカンジ。
    胎盤に「ありがとう」って言いました。
    bunnyは出産後の処置を受けて、その間みんなはきれいにしてもらってるお姫を観賞(笑)
    sinちゃんは体調が悪い中、たくさん写真も撮ってくれました。
    全てのチェックを終えてバスタオルにくるまれたお姫が再び腕の中に。
    しっかり目をあけてみんなを順番に見つめてました。
    そしてもうすでにお腹がすいてるのか、お口をチュパチュパ。
    指がお口にあたると一生懸命舐めようとしてる姿は、エコーで見たままでした。
    産後2時間はそのままLDRでみんなで談笑しながら過ごして、その後ベッドから起き上がってトイレへ。
    案外普通に歩けたので、そのまま病室までエレベーターに乗って歩いて行きました。
    bunnyが希望してたお部屋は一番安い部屋だったんですが(笑)、切迫早産などでかなり入院費を出してた事もあって、看護婦さんから「先生がコチラのお部屋でどうぞとの事です」って連れて行かれたお部屋は・・・なんと特別室!!!
    希望してた部屋の入院費用よりも10万円ほど高いお部屋でした♪
    もちろん費用は希望してた分のみ。ありがたい〜!!!
    またそのお部屋の写真などは後日ちゃんと取り込んだ写真をアップします。
    出産は痛いけど素敵な体験です。
    きっとこれからたくさん悩んだり泣いたり怒ったり喜んだりして忙しくなると思います。
    でも、「生まれてきてくれてありがとう」って気持ちは忘れずにいたいな〜。
    そして、新人パパ&ママのsinちゃんとbunnyですがどうか皆さんで見守ってください♪
    | 出産 | 17:12 | comments(7) | trackbacks(0) |
    産まれた!
    0
      本日AM1:22、無事2984gの女の子を出産しました♪
      まずはご報告まで。
      | 出産 | 04:51 | comments(18) | trackbacks(0) |
      CALENDAR
      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE