From Distance

妊娠生活から出産・育児の記録。
2007年6月生まれの我が家の娘「きのこ」とともに成長していきます。
<< 33週4日目 薬について | main | 34週6日目 おなか >>
33週5日目 入院について
0
    点滴今回3/30から4/27まで切迫早産で入院をしていたわけですが、その事についても少し記録として残しておこうと思います。
    3/29の時点で少し張りがあったので、妊婦検診も兼ねて診察をしてもらってたんですが、結局次の日に入院(苦笑)
    入院当日、いつもと違う張りを感じていたためお仕事はお休みさせてもらっていました。

    長くなりますので、お時間のある方だけどうぞ♪
    お昼少し前から張りと共に痛みも感じるようになりました。
    張りは子宮がお腹の中でプク〜っと膨らんでカチカチになるカンジ。
    痛みが来ると動くのがツライ状態でした。
    とりあえず様子を見るために、時計と睨めっこで定期的かどうかを計りました。
    まずは出血や破水のようなものはなかったので、張りと痛みの間隔を紙とペンを持ってメモ。
    何とその時点で3分間隔でした。
    張りと痛みの持続時間は毎回約30秒ずつ。
    本能的に「ふぅ〜っ、ふぅ〜っ」と落ち着いて呼吸をするように気を付けている自分がいました。
    今思うと、ここで病院に連絡をして受診しなくちゃいけなかったのかもしれませんが、痛みの間隔はそのまま変化する事無く夕方まで続いたので、16時過ぎにようやく病院に電話で確認。
    「心配だったら1度いらして下さい」との答え。
    とりあえず部屋を少し片付けて、痛みが強くなる前にシャワーも・・って思って動いたのもダメだったのかな(苦笑)
    張りと痛みがない時は全く普通の状態だったし「陣痛なんてこんなもんじゃない!」って思ってたので、着替えてお化粧して、sinちゃんの携帯に「病院行って来るね♪」なんてのん気なメールを送ってしまいました。
    残業の予定だったsinちゃんから突然電話が。
    「定時になったから病院連れて行ってやるわ〜」って事で、sinちゃんの帰りを待って一緒に病院に行きました。
    おしっこを採って、早速NSTで張りを見る事に。
    徐々に機械に出てくる張りを見て、看護婦さんたちが急にバタバタし始めました。
    途中先生も確認しに来て一言。
    「今日は帰れないねぇ、入院になるよ」・・・・え?(汗)
    NSTをつけてる間に、張り止めの注射2本と点滴が始まりました。
    20分程NSTをつけた後、そこから車椅子でした。
    ロビーで待ってたsinちゃんの元に看護婦さんが説明に行って、「おいおい、そんな大変だったの?」って顔をしたsinちゃんが来て(苦笑)
    bunnyも「なんか大変な事になっちゃったよ〜」って言いながら、2人で先生の説明を聞くため診察室に移動。
    エコーと内診をして、先生から「切迫早産で入院になります」って説明がありました。
    その日で27週5日目、まだ赤ちゃんの成長が完成されていない事、今産まれてしまった場合に考えられる後遺症や障害、そしてこのまま張りが治まらなかった時は帝王切開での出産になる・・・との事でした。
    そこでbunnyの置かれてる状況が深刻だとようやく実感。
    そのまま病室に案内されていろいろな処置が行われました。
    点滴の落ちるスピードは1分間に70滴、その他抗生物質や増血剤も次々に入って来て、一気に動悸・息切れ・めまい・手の痺れなどが襲って来ました。
    後で看護婦さんに聞いたトコロ、あと少し遅かったら産まれてしまってたそうで・・背筋が凍る思いでした。
    「良くあの痛みと張りで歩いたね・・」って言われてしまったぐらい。
    破水反応もあったようで、ホントに緊急だったようです。
    長くても入院は1週間ぐらいかな・・と思ってたんですが、結果1ヶ月の長丁場になってしまいました。
    その日から24時間の点滴、なかなか減らない点滴の滴数、毎日行われる先生の内診、精神的にも体力的にもきつかったのが正直な感想です。
    sinちゃんの前で涙が出て止まらなくなってしまった日もありました。
    自分の事ではなく、我が子が苦しんでる事、もっと早く防げなかったのか・・と後悔する気持ち、仕事も家事もsinちゃんまかせになってしまった申し訳なさ、心配をかけてしまってる家族への想い、中途半端になってしまっている仕事の事など、1人の時間はそんな事ばかりが頭の中に流れていました。
    だけど、今こうして元気にお腹の中で動く我が子を感じながら居られるのは、あの時適切な処置をして下さった先生や看護婦さん、支えてくれた家族、温かい励ましを下さった皆さん、そして何より「生きる」事を続けてくれた我が子に感謝しています。
    1ヶ月近く点滴し続けていたため、退院直前に点滴が外れてもまともに歩けない程でした。
    まだ腕にはたくさんの針の痕と青あざが残ってるけど、今ではその痕も勲章みたいなカンジです。
    入院中に迎えた結婚記念日とbunnyの30歳のお誕生日は、ある意味とても貴重な思い出。
    言葉に出来ない感情がこみ上げてくる事を実感出来ました。
    簡単に口にしてはいけないのかもしれないけど、「命」の尊さを体験出来ました。
    家族の強さと優しさを改めて感じ、そして自分の弱さも知る事が出来ました。
    ホントに大切なものや人や時間や環境を見つける事も出来ました。
    今回の事で、少しでも自分が成長出来てるといいなぁ・・・♪

    長くなってしまいましたが、無事に出産して落ち着いた頃にもう一度読み返すためにも、記事としてアップさせて頂きました。
    お付き合い下さった方、ありがとうございます☆
    | 妊娠9ヶ月(32〜35週) | 20:14 | comments(4) | - |
    コメント
    この時期に張っていること自体が問題なんですよ。もっと早く病院に行かなくちゃだめですよ!!
    10ヶ月になる患者さんが陣痛の感覚を計るのとわけが違います。また肺機能がしっかりしていないベビーはこの時点で生まれてしまうと自力で呼吸が出来なくて人工呼吸器とかつけられてしまって大変ですからね。
    うちのクリニックの場合、NICU(新生児集中治療室)を管理する病院に母体搬送されることまれにありますよ。
    でもよくその痛みに耐えましたね。
    長くなってしまった入院生活も大変でしたね。
    言葉に出来ない思いは沢山あると思います。
    元気な赤ちゃんを産んでくださいね。
    | ちーちゃん | 2007/05/13 6:09 AM |
    >ちーちゃんさん
    長い記事に目を通して下さってありがとうございました!
    「張り」とか「痛み」に対してあまりにも無知だったな〜って今は反省しています。
    いろんなサイトを見ると、「後期は出産にむけて張りが起こるようになる」とか書いてあるんですよね。
    「コレがそうなのかな〜、でも痛いな〜」って悩んでました。
    入院前の先生の説明を聞いても、やっぱりちーちゃんさんと同じ事を言われました。
    肺の機能が出来上がってないから、治療の段階で失明をする危険性もある・・とか、身体的だけじゃなく知能的にも障害が出る場合もある・とか、怖い話だったけど現実起こり得る話なんですもんね。
    来週には9ヶ月最後の妊婦検診に行って来ます。
    もうすぐ臨月、自己判断しないですぐに何かあったら病院にいこうと思います。
    ホントにご心配ありがとうございます!!
    ちーちゃんさんには励まされてばかりですが、これからもどうかよろしくお願いします♪♪
    | bunny | 2007/05/14 12:30 PM |
    bunnyさんとっても危険だったのですね・・・!!
    あの時産まれてしまってたら、と思うと!!無事でほんとうにほんとうに良かった。
    読みながらついつい下腹を押さえてしまいました。
    張りや痛みといってもどのていどでどうなのか正直よくわかりませんよね。私も陣痛の始まりは??でした。
    あとから確実な痛みとなるのですが^^;

    もうすぐ10ヶ月ですね♪
    体調万全でお産に臨めるよう陰ながら祈っております。
    | ayu | 2007/05/15 11:25 AM |
    >ayuさん
    今はゆったりのんびり過ごしてますが(苦笑)、あの時はホントに大変だったみたいです・・。
    「痛い」ってどこから?ってカンジで、元々生理痛も酷かったし、どこかで「自分は大丈夫」って考えがあったのかもしれません。
    27週の時点で産まれていたら、もしかしたら最悪の事もあったのかも(汗)
    我が子を守るべきbunnyですが、我が子に守られたような気がします。
    もうすぐ最終月、待ち遠しくもあり、この大きなお腹がなくなるのが寂しくもあり・・・複雑な心境です♪
    不安はいろいろあるけど楽しみに待ちたいです!!
    長い記事読んで下さってありがとうございます〜☆
    | bunny | 2007/05/15 12:24 PM |
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE