From Distance

妊娠生活から出産・育児の記録。
2007年6月生まれの我が家の娘「きのこ」とともに成長していきます。
<< 37週6日目 授乳クッション&ランチ | main | 38週4日目 あと10日 >>
38週3日目 昨日の妊婦健診
0
    昨日は恒例の妊婦健診に行って来ました。
    いつも通りの採尿・体重測定・血圧測定・子宮底長・腹囲・NST。
    なんとbunnyの体重は1週間前よりも500g減でした!
    むくみも尿糖も尿蛋白も出てないし全て順調〜♪
    NSTの前に、看護婦さんから「どう?胎動減って来てる?」って聞かれて、自信満々に「そうなんです〜、前に比べるとおとなしくなっちゃって♪」って答えたのに・・・。
    機械つけた途端に暴れ出しましたよ。
    看護婦さんからは「かなり動いてるね〜」って苦笑いされるし、足の形が分かるぐらいに中から押してくるし(笑)
    その後エコーと内診。
    まだ顔の前に手を持ってこれるぐらいの余裕があるし、子宮口がかなり固いらしいです。
    胎盤・羊水ともに問題はないんだけど、このままだとホントに予定日過ぎちゃうかも〜って言われました。
    そして内診で子宮口を柔らかくする坐薬を投入。
    ・・・痛かった(涙)
    先生からは「これでお産が始まりますように」ってお腹に向かってお願いされちゃう始末。
    ちなみに今のところまだ普通に生活出来てますが(苦笑)
    次はまた1週間後に健診の予定です。

    ☆38週2日の我が子☆
    ・BPD(児頭大横径)8.72
    ・APTD(躯幹前後径)10.38
    ・TTD(躯幹横径)10.14
    ・FL(大腿骨長)6.70
    ・推定体重 3121g

    BPDは前回よりも小さかったんですが、ついに推定体重が3000gを超えました。
    計測誤差があるにしても、たぶん3000g前後で出産になりそうです。
    ちなみにbunnyが産まれた時の体重は3150g、身長は54cmあったそうです。
    同じぐらいで産まれるのかな〜♪

    お薬について少し思うことがあったので、続きにて記載しています。
    ちょっと重い話でごめんなさい〜。
    今回の「子宮口を柔らかくする薬」についてですが。
    ネットで調べると、ちょっと怖くなっちゃうような情報が溢れていました。
    先生からは今回の膣坐薬についての説明の紙を渡されました。
    その説明はこのようになっています。(以下全文)

    妊婦の方へ
    分娩間近になると女性性器は分娩に備えてさまざまな変化をとげます。
    なかでも子宮の入り口は次第に柔らかく、薄くなって開いてきます。(これを専門用語で「子宮頚管熟化」と呼んでいます)
    ところが、時にはいろいろな原因により、子宮の入り口(子宮頚管)が柔らかくならないため、分娩が予定日よりもだいぶ遅れたり、あるいは分娩が長引いたりすることがあります。
    そうすると母体のみならず、赤ちゃんにも影響が及んでしまいます。
    そこで、分娩予定日頃までに子宮の入り口(子宮頚管)を柔らかくし、分娩準備を整えておく薬剤(膣坐薬と注射剤)があります。
    この薬剤を投与する事によって、「子宮頚管熟化不全」による難産を減らす事が期待されています。

    体が自然にお産に向けて準備をする事が1番望ましいと思います。
    予定日をかなり超えてしまったらそれなりの処置も必要だと思います。
    実際のトコロ、「管理出産」みたいな状態なのかもしれませんね。
    bunnyは専門的な知識は無に等しいです。
    薬剤の名前を言われても全く分かりません。
    ネットでの情報収集で少し不安になったのは紛れもない事実ですが、bunnyは先生を信じてるし、bunnyの体の状態を診た上での先生の判断だと思うので、今は無事に我が子を抱く事だけを考えています。
    「陣痛促進剤」などの事故報告などもたくさん目にします。
    病院側の都合だけで管理される出産も多いと聞きます。
    ただ、bunnyは最初に行った病院で切迫流産と言われながらも何の処置もしてもらえませんでした。
    子宮筋腫がある事についても何も説明がありませんでした。
    明らかに「諦めて下さい」って顔をした医師を忘れる事はないと思います。
    とても不安で怖くて、そんな時に今お世話になってる病院に転院したんです。
    そこで初めて丁寧な説明と「一緒に頑張りましょう」って温かい言葉を頂きました。
    その時どれだけ自分が救われたか。
    だから、今はとにかく我が子に会えるのを楽しみに待とうと思います♪

    ※医療的・専門的な考え・意見などは全く分からないので、bunny自身の感想として述べています。
    薬の使用については様々な意見があるかと思いますが、今回は薬剤の名前も聞いていませんので、肯定・否定ともに控えさせて頂きました。
    | 妊娠10ヶ月(36〜39週) | 10:29 | comments(10) | trackbacks(0) |
    コメント
    こちらにもお邪魔します♪
    bunnyさんが信頼できる病院、先生に出会えてほんとうによかったですね! 私は医療のこと、妊娠、出産のことは全然わからないけれど、信頼できる先生のもとで必要に応じてお薬を使うことで赤ちゃんにもママにも良いのならとにかく信じてがんばるしかないですもんね!

    私も以前産婦人科にかかっていたときはほんとに不安でいっぱいでしたが、緊急で電話したときの看護師さんの冷たい対応とか、前向きじゃないかんじの先生の対応とか、なぜか疑うことをせず、転院も考えられなかったんです。
    落ち着いて、あとからいろんな妊婦さんたちのブログなんかを読んだりして、先生や病院によって対応がこんなに違うのかってびっくりしました。

    もしあのときって思うこともあるけど、後悔するより、とにかく次に産婦人科にかかるときには絶対信頼できる先生に出会えるようにって思っています。

    いよいよご出産近づいてきましたね!
    遠くからですが、bunnyさんの安産をお祈りしてます☆
    あかちゃんとのご対面、楽しみですね♪♪


    | cocana | 2007/06/13 11:30 AM |
    bunnyさん、最初の病院から転院して本当に良かったね。
    いま元気にお腹を蹴ってるベビちゃんを失う事になってたなんて…
    考えただけでも頭にきちゃいます。
    「一緒に頑張りましょう」って言ってくださった今の病院に全てを任せてみて。
    きっとbunnyさんの体に一番合った処置方法だと思うので。
    何事もなく無事に出産出来るよう、お祈りしてるからね。
    私もリスクを抱えたままの出産で不安がいっぱいだけど
    でも、がんばる!
    この先何が起こるか予想もつかないけど、
    ママが不安だとベビはもっともっと不安になっちゃうと思うからさ。
    一緒にがんばろうねっ。
    | あおい | 2007/06/13 4:45 PM |
    bunnyさん、健診お疲れ様でした。
    コメントこそ残していませんでしたが、密かに覗きに来てました(笑)
    なんだか自分のことのようにドキドキしちゃってます。

    bunnyさんの思いをこれからも大事にしながらベビちゃんとだんな様と一緒に頑張って下さいね。
    何もできないけど毎日いっぱい祈ってます!!!
    | ぱぱこ | 2007/06/13 5:10 PM |
    こんにちは^^
    子宮口を柔らかくする坐薬ってのがあるんですね。
    知らなかった〜☆
    私の通院してる病院は基本的に薬を使わず「自然に自然に・・」がモットーなんですが
    時と場合によってはお薬を使った方が母子のためになる事もあるし
    どっちがいいとは決めれるものでもないですが
    bunnyさん、転院されて今の先生に変わった事はホントよかったですね。
    先生と患者ってやっぱり精神的なつながりがベストでないと・・・。
    私も筋腫持ちなんですが、出産頑張ります〜^^
    | みいぽん | 2007/06/13 6:04 PM |
    子宮口を柔らかくする薬、私も予定日少し前に入れてもらいました。
    私も先生を信用してましたので、何の疑いもなく入れてもらいましたが、ちょっと不安になる情報もあるんですね。

    私は里帰り出産でしたので、通院してたところと出産した産院は別なんですが、通院してたところはスタッフがいつもおしゃべりしててかなり感じ悪かったです。
    出産したところのスタッフさんに、「初めての妊娠で色々不安でしょう〜」などやさしい言葉をもらったときに「ああ、こういうこと初めて言われたな」って思いました。

    妊婦さんはナーバスになりがちなので、産院は納得できるところに通いたいものですね!
    bunnyさんはいい先生と出会えたようで、きっといいお産になりますよ〜!
    | ayu | 2007/06/13 7:48 PM |
    >cocanaちゃん
    今の病院に転院した事、ホントに良かったな〜って思います。
    初期の段階では、仕方ない部分もあるのかもしれないんだけど・・・気持ちの問題でもあるんだよね。
    自分が納得出来るならいいけど、そうじゃないのに後悔するのはイヤ。
    きっとそれぞれに病院の方針もあるだろうから一概には言えませんが。
    実際bunnyが最初に行った病院の良い評判を聞くこともあるから、ホントbunnyとは縁がなかったんだと思う(苦笑)
    cocanaちゃんも大変な時にいろいろ感じられたんだと思います。
    無事に出産報告が出来るように頑張るね!!
    ありがとう!!!

    >あおいさん
    この最終段階に来て、最初の病院を思い出しちゃったのはマズかったかな〜って思いながらも、記録として残したかったので思い切って記事にしてしまいました。
    今の先生は見るからに優しそうで、診察室に入ってエコーの台に上がるまで「気をつけてね、ゆっくりでいいからね」って(笑)
    切迫流産、切迫早産の時も、いつも「大丈夫だよ」「頑張ってるね」って言ってくれました。
    この一言って、トラブルを抱えた妊婦さんには「神の声」みたいなんですよね。
    だからあおいさんもおっしゃってくれるように、先生や病院を信じて絶対に無事に出産します!!
    あおいさんもいろいろ不安な事多いのに・・励ましてくれてありがとう!!

    >ぱぱこさん
    気に掛けて下さって、見に来て下さって、更にコメントまで・・ありがとうございます!!!
    出産を目前にして、もう後戻りは出来ない、変なテンションになってますよ(苦笑)
    急に機嫌が良くなったり悪くなったり、誰かに会いたくなったり1人になりたくなったり。
    痛くても苦しくてもいいから、とにかく我が子にこの世界を見せてあげたいです。
    そして、誰よりも楽しみにしてくれてるsinちゃんが我が子を抱っこしてる姿が見たい♪
    その一心で頑張ります!
    ホントに応援ありがとうございます〜!!

    >みいぽんさん
    ちゃんと薬の名前ぐらい聞けば良かったな〜って思うんですが、その時は「お願いします」って気持ちの方が強かったんですよね。
    もちろんいろいろ考慮した上での判断だと思うので、お任せなんですが。
    今はホントにいろいろな出産方法を妊婦さんや家族が自由に決めれるようになってますが、それは「順調な妊娠経過」が前提・・。
    ここまで切迫流・早産を経験したので、あとはとにかく無事に出産出来れば良いな〜って思うばかりです。
    何かと精神的に不安定になる妊娠期間、やっぱり納得行くのが1番だと思います。
    みいぽんさんも筋腫ありですか〜。
    bunnyも小さいのがかなり多くあるようなので。
    みいぽんさんの出産報告、楽しみにしてます。
    頑張って下さいね!!!

    >ayuさん
    子宮口が固いといろいろ大変みたいですよね。
    ayuさんもお薬使われたみたいで・・かなりその言葉に安心しました。
    今あんなに可愛いkouちゃんが居るんですもんね。
    実際bunnyも健診時には何の不安もなかったんですが、「どんな名前のお薬だったのかな〜」ってネットで調べたら、いろんな情報が入ってきて・・正直ビックリしました。
    個人的な意見ですが、「結果」が全てなんだな〜って思ったんです。
    無事に出産出来てたら、その薬を使用した事は良い事になるだろうし、万が一悪い結果だったらその薬は悪い物になってしまう。
    知識がないので何も言えないんだけど、とにかくbunnyは今回の処置に不満はないです。
    だって良い先生や看護婦さんに囲まれて、我が子の生命力にも自信がある!!
    あとちょっと頑張ります♪
    ayuさんいつもありがとう!!!
    | bunny | 2007/06/13 8:32 PM |
    不安な事は聞かなくっちゃダメですよ。
    膣坐薬はマイリスの事だと思います。
    文献はこちら。http://www.organon.jp/authfiles/Images/322_84743.pdf
    子宮の入り口が硬い方には使われることが多いです。全ての方に使われるわけではありません。
    でもネットで調べると怖いことがいっぱいあります。間違った使い方をしてしまうといろいろな危険もありますが、今は情報の時代です。いろいろ調べる事ができるけど、医師との信頼関係が大切だと思っています。不安な事は、きちんと聞かないとね。自然のお産が1番ですが、時には誘発剤を使わないと赤ちゃんに危険がある場合もあります。
    安全なお産ができて赤ちゃんが生まれてくることが大事だって思っています。
    あと、もう少しですね。がんばれ!!
    | ちーちゃん | 2007/06/15 7:11 AM |
    >ちーちゃんさん
    アドバイスありがとうございます!!
    そうそう、膣坐薬について調べたらマイリスに辿り着きました。
    薬剤の名前を聞かなかったので、ちょっと不安で調べてしまいました。
    もちろん薬剤の乱用は間違ってると思いますが、母子共にその処置が必要な場合もありますもんね。
    今回bunnyにはこのお薬が必要だったんだと思うし、出産時にもしも促進剤・誘発剤が必要になったらお願いすると思ってます。
    促進剤・誘発剤についても、医師の正しい判断と監視の上での使用になるし。
    今の病院・先生・看護婦さんともとても良い関係です。
    ホントに信頼関係は大事ですね♪
    どんなお産になったとしても、1番頑張るのは今お腹の中で着々と準備を進めてる我が子だと思います。
    無事に出産してしっかり抱いてあげたいです♪♪
    いつも的確なアドバイスと応援ありがとうございます!
    | bunny | 2007/06/15 3:04 PM |
    大丈夫、bunnyちゃんと赤ちゃんには私がついてるから(笑

    信頼関係ってね、相乗効果でどんどん増していくものだと思うの。
    bunnyちゃんが先生を信頼してる、その気持ちが伝わってるから
    先生もbunnyちゃんと赤ちゃんにとって、できる限りのことを
    してあげたいって思ってるんじゃないかな。


    bunnyちゃんとsinちゃんと赤ちゃんの幸せな笑顔が届く日ももうすぐだね^^
    楽しみに待ってます。
    | kiho | 2007/06/15 11:42 PM |
    >kihoさん
    おはようございます〜♪
    そうだ、bunnyにはkihoさんと娘さんがついててくれる!
    信頼関係って、ホントに難しいな〜って思います。
    実際「人を信じる」って物質的な何かがあるわけじゃないから余計に・・なのかな。
    心と心の繋がり、そこに生まれるのが信頼関係なんだと思います。
    たぶんこのまま次の火曜日に健診に行って、また先生にお世話になっちゃうと思うけど、少しずつでも「その日」に近付いてるのが嬉しいです。
    kihoさんホントにいつもありがとう!
    カンパーニュ待っててね(笑)
    | bunny | 2007/06/16 9:51 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://bunny-baby.gangalee.lomo.jp/trackback/386871
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE